Atelier Antibes アトリエ アンティーブは、

     特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会の認定教室です。

  Atelier Antibes アトリエ アンティーブは、

     一般社団法人      日本ティーコンシェルジュ協会の認定校です。

Atelier Antibes アトリエ アンティーブへようこそ

植物のちからは素晴らしい!美味しいハーバルセラピーを学びませんか?

 

羊を数えても眠れない……明日早いのにどうしよう……

なんだか身体が重くてなかなか起きれない……

起きて鏡を見たら、えっ?なんでこんなにむくんでるの?

病院に行くほどでもないし、薬を飲むほどでもないし……でも、調子悪くて…

 

 

そんなこんな、ちょっとしたトラブルをお持ちではないですか?

日常の飲み物できっと身体は変わりますよ。

植物が、人の自然治癒力を高めるお手伝いをしてくれるのです。

 

お茶やハーブやコーヒーの効能を知って上手く利用することは、暮らしの中で手軽に実践できる植物療法ハーバルセラピーのひとつです。

体調管理や美容、生活習慣病や認知症の予防にきっと役立ちますよ。

 

ティ-を飲むひと時が、気づかないまま積み重なっているストレスから、

心と身体を解放してくれますよ。

 

アンリ・ミュニエのポスター1900年
アンリ・ミュニエのポスター1900年

 


というわけで、アトリエ アンティーブに是非いらしてください!

 

お茶やハーブやコーヒーの様々な成分が、どんなふうに身体に働きかけるのかを学びながら、自分が美味しいと思うティーをブレンドしてみませんか?

 

また、スイーツやお料理に合わせてハーブをブレンドする楽しさも、体験してみませんか?

フレンチ、イタリアン、中華、日本食に至るまで、ブレンドハーブティーと食材のハーモニーは数限りなく、上手くできた時には、ヤッタアーという達成感もひとしおです。

上手くできるとティーも料理もより美味しく感じます。

 

時にはあなたの大切な人の体調や好みにぴったりの、心のこもったオリジナルブレンドティーをプレゼントしてはいかがでしょう?

 

たとえば眠れない時のリンデンカモミールティー。

ラベンダーも入れましょうか。

神経が高ぶってなかなか眠れないお友達に。

更年期のホットラッシュにお困りの方には、ローズとセージと、それからそれから……

きっと喜んで頂けますよ。

 

カフェインを摂っても良い方は、お茶やコーヒーも体調管理に上手く利用しちゃいましょう。

コーヒーにはカフェインが含まれているからと何かと物議を醸してきましたけれど、コーヒーは抗酸化物質のクロロゲン酸を含んでいて、がんの発生や増殖、転移を抑えたり、生活習慣病を防ぐとわかってきています。

コーヒーを1日1杯飲むと、肝臓がんによる死亡リスクが全く飲まない人の半分になるという研究データが出ています。

コーヒーアロマにも抗ストレスの観点から逆らえない魅力がありますね。

 

その一方で、いつ購入したか忘れたような酸化したコーヒー豆を使用したり、砂糖を多量に含んでいる缶コーヒーを一日に何本も飲んだりすれば、身体に良いわけがありません。

身体にいい飲み方取り入れ方を知って、上手く利用したいものですね。

 

お茶やハーブやコーヒーには、植物の有効成分(ポリフェノールなどのフィトケミカルやビタミン、ミネラルなど)が多様に含まれています。それらは全て、植物が植物自身の為に作り出す成分です。例えば紫外線から身を護る為、外敵から身を護る為、などなど。

 

人間は自分自身で作れないそうした成分を、植物の恵みに頼るしかないのですが、3~4時間で体外に出てしまうビタミンCなどをこまめに補給するには、ティーを飲むという形がとても便利ですし、吸収もされ易いのです。

 

もちろん、植物療法としてのアロマテラピーやトリートメントなどの効果も大いに期待できるのですが、私たちは身近な飲み物の効果を、やや見過ごしてはいないでしょうか? 心身のバランスをとるために、もっともっと手軽な飲み物の形で利用されても良いのではないでしょうか?


ハーブは、今も昔も体内バランスを取ってくれる薬草です。そして、人の役に立つ植物をハーブと言うなら、緑茶も紅茶もコーヒーもハーブであって、人類は元々これらを長く薬として利用してきたという事実を忘れないで下さい。

 

ハーブティーをもっと美味しく楽しく飲んで、心身のバランスコントロールに生かしてみませんか?

 

 

南仏ソーのラベンダー畑で
南仏ソーのラベンダー畑で


アトリエアンティーブでは、お茶(日本茶、紅茶、中国茶)やハーブ(西洋ハーブ、和ハーブ)、コーヒーなど、100種以上の植物のもつ有効成分やアロマが、どのように人体の生理に影響するのか、実際に味わいながら、ブレンドしながら、じっくりと学んで頂きます。

 

お茶は医薬品ではありませんから副作用を心配せずに飲めるのが良い所ですね。でも、期待する効果を得るには、毎日こまめに飲む必要があります。そこで、美味しく飲めるというのが重要になってきます。

 

美味しくなくても健康の為に無理して飲むというのでは、返ってストレスがかかりますし、結局飲み続けられないものです。できるだけ美味しいティーを日常生活に取り入れて、楽しみながら心身の調子を整えたり、病気の予防に役立ててはいかがでしょうか?

 

ところで、美味しいと感じる味も、何とかしたい症状も、人それぞれです。

自分の身体に耳を傾けて、自分に合ったティーをブレンドできるといいですね。

 

アトリエアンティーブでは、美味しい飲み方やブレンドのコツを学びます。

 

数種類をブレンドすると相乗効果が得られたり、飲みにくい植物(効能が高くても苦い、刺激的)も飲みやすくなることが多いのです。

 

また、うまく料理に合わせると、料理もティーも、より美味しくなります。

料理とティ-のマリア―ジュを考えてみるのは楽しいですね。

 

一般社団法人  日本ティーコンシェルジュ協会

一般社団法人

   日本ティーコンシェルジュ協会



特定非営利活動法人 

        日本メディカルハーブ協会



お問い合わせ