刈谷高校2年4組水野先生を囲む会

アンティーブの海に向かった立体アート
アンティーブの海に向かった立体アート

40年経ってしまったんですよ、あれから。

 

当時、担任の水野先生はまだ30代、スポーツマンらしく浅黒くスラッとした、さわやかな体育の先生。

 

私たちは?

 

球技大会で、2年4組女子が随分活躍したような思い出。

バスケ部とバレー部のキャプテンがいて、大会前によく練習したのだから。学校全体で優勝したり、3位に入ったり。 

 

他の思い出?

 

地方の進学校で試験ばかり。あまり勉強しなかったけれど、抑圧感を感じてたから、私にとって楽しかった思い出は少ない。

いろいろなことに捕われる自分が嫌いだったし、家族や周りに対しても尖がっていた。

 

それでも仲良くしてくれた友達もいて、久しぶりに会えてよかった。

彼女は40年昔も今も、おだやかで優しい。

 

今日集まった男子?や女子?は、学校や市役所の関係者が多くて、その他の人も、

地元にしっかり根をはやし、何十年も地域に貢献してきた人たち。

 

生まれてから数えて19回目の引越しをしたばかりの、根無し草のような私は異邦人。

何を話したらいいのかわからない。

 

自分の居場所から離れたくて仕方なかったし、ずっと同じ場所に住み続けることって、自分には無理だなあって思う。

どうしてかな?

 

いつも何かしらの刺激と変化を求めてるから?

それは素敵なことでも何でもない。

私は何かを追っているようで、いつも何かに追われている。

これから先もどうなることか……

3年住むとどこか他に移りたくなる。

 

もしも前世とかいうものが本当にあるのなら、旅芸人か流浪の民か。

 

一人で旅ができるのはフランスだけだから、やっぱりフランスに住んでいたのかな。

ヨーロッパのお城に閉じ込められたお姫様だったと、人から言われたことがある。

だから、自分の居場所から出たくて仕方無いんだと。

???さて?

牢獄に繋がれた罪びとだったのかも。

 

でも、ひとりで南フランスをうろついていると、からだのひとつひとつの細胞がピチピチ生き返ってくるように、幸福感で満ち足りる。そこかしこからの芳しいハーブの香りときらめく太陽が、至福の時を与えてくれる。

 

私が死んだら地中海に灰を撒いて、と家族にいつも言ってるけど、撒いてもいい場所があるのかどうかまだ調べていない。

 

飛行機代を遺しておくように息子たちから言われてるけど、遺しておくものがあったら、生きている内に、その分でまた渡仏してしまうよね、きっと。

 

 

 

特定非営利活動法人 

        日本メディカルハーブ協会



一般社団法人  日本ティーコンシェルジュ協会

一般社団法人

   日本ティーコンシェルジュ協会



お問い合わせ