シューレットルー、コアラゼ…

またぐねぐね道を登ったり下ったりして、春先のスミレ祭りで知られている、シューレットルーに到着。

またぐねぐね道を登ったり下ったりして、春先のスミレ祭りで知られている、シューレットルーに到着。
また先を急いで、ぐねぐね、ぐねぐね。
ドライバーはシューマッハにでもなったつもり?
ヘアピンカーブに嬉々として。
急に現れる対向車がトラックだったりすることも。
日本のようにクラクション鳴らせの標識も無く、反射鏡も無い。
それでいて、皆、結構なスピードで飛ばしてる。
ドキッとすることもしばしばです。
ドライバーはテレビゲームしてる感じみたいですが、横に乗っかる私は、ターンする度に重力がかかって、座ってるだけなのにお疲れモード。



次は、シューレットルーから山谷を何度も超えて到着した小さな村、コアラゼです。



ここには面白い日時計が実は4つもあります。



ところで私、小さい子供いる?と、フランス国籍のブラジル人のおじさん(私より若い)に聞かれました。結婚した息子もいるよ、と答えながら、あ、若く見られてるぅ、ウシシ…

このコアラゼと言う街は、ニースの山深い所にある、小さくて気分いいところでした(^O^)

ランチを食べたレストランでは、バイクでツァーしてるドイツ人7人のグループと一緒でした。女性がひとり。彼氏の後ろに乗っかって、いざ、出発!
カッコいいなあ〜
でも、暑そう!革ジャン着て皮ズボン!
このあたりは30度近くありますから…
バイクがスズキ、ホンダ、ヤマハと日本のものでした。1番大きいのはわからなかったけど。
写真を撮ろうとしたら、バーィ、と手を振ってくれました。

特定非営利活動法人 

        日本メディカルハーブ協会



一般社団法人  日本ティーコンシェルジュ協会

一般社団法人

   日本ティーコンシェルジュ協会



お問い合わせ